2019年09月28日

伴奏をつける技術を身に付けたい

以前音大卒の友達がピアノで
場繋ぎのために即興演奏するのを聞き
もんのすごくびっくりしたことがある。

えっ作曲ってそんなに簡単にできんの!?と。

その時は曲を弾いていて時間が足りなくなったので延ばす、というような即興だったので、普通の作曲とかよりは簡単かもしれないけど…とにかくその技術に恐れ入った。

私は全くもってそういう技術がない。

カラオケでハモることすらうまくできない。

そんなわけていつも主旋律を歌わせてもらっていい気分になってたりするわけだが
技術として、そういうの、ほんとは欲しいんだよね!!

主旋律だけしか分からない曲に、ちょっと簡単な伴奏がつけられたら…
もうそれでハープレパートリー爆増ですよ。

てなわけでこんな本を見つけたので買ってみた。
15694602616288525592967596424771.jpg

これはピアノの本だけど、ハープも一緒であろう。
最初の2~3ページだけでも
『なるほど、そういう事かい!!』
というガッテンの連続である。

ちゃんと最後まで読んで
真面目に練習してれば
私の欲しい程度のテクニックは
身に付くかもしれない。気がする。

ハープの練習と共にこちらもボチボチやろうかな。
まぁこっちはせいぜい週末だけの練習くらい、
ほんとにゆるくやっていこう。

自分で覚えるために、このブログにも
ご紹介していけたらな、と思います。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽譜・伴奏作り | 更新情報をチェックする