2019年09月14日

体験レッスンしてきました!!

近場でハープの体験レッスンできるところが見つかったので、ネット予約して行ってきました。
ヤマハ系列の、他の楽器も色々と教えている教室です。

レッスンは30分間しかないので、聞きたいことをノートに書いて準備!
前にブログでまとめていた内容、全部聞いて参りました~。

先生はとてもお若くて美しい、まさにハープが似合う妖精のような方でした。
まぁ、ピアノでもヴァイオリンでも似合いそう。美女はなんでも様になるよ!

なのに気さくで、何でもガンガン明確に答えてくれました。素敵。

15676495800552813682054129578875.jpg
↑こちらの先生
この写真より髪が長くなってたので
さらにハープ感UP!!

★構え、弾き方などの基本姿勢
→今のままでさして問題なし。
むしろ脇が開きすぎなので、もっと自然でいい。
モルナール先生の本はグランドハープメインなので、そこまで気合い入れて脇開けなくて良かったらしい。
脇を閉めちゃう人がいるのでそれはダメってだけで、10センチ程度開けるくらいの本当に自然な開け方。けっこう楽♪

★いい音とは
→まぁ、出てるらしい。
むしろ、悪い音を出さない(爪を当てたときのジジッて音)よう注意することが大事。
何が悪い音かわかってるようなので、それなら安心とのこと。

私が思ってたよりも、しっかり深く指を掛ける。
一音、一音、弾弦後にしっかりにぎること。
分散和音もストロークも一音一音握る。
にぎるけど適度にゆるめることが脱力。

これらをしっかりやること=指を大きく動かすことになり、良い音につながる。

ポーンって感じの深い音が正解。とりあえずキラキラは忘れよう。しっかり深く指をかけると、浅くかけたときより音が深くまろやかになる。高音部もそう。

★フォルテとはピアノとは
→フォルテは問題なし。
ピアノは、しっかり深く指をかけてしっかり握れば、小さな音でも正しく良い音となる。
先生はすごく小さな音も同じ弾き方で出してた。
夜中も有意義な練習ができるってことだ!!

★分散和音の4指の弾きかた
→ひっぱる感じは問題ないけど
方向を変えるのはだめ(肘を突き出して真下に弾くと隣の弦に当たらないけど、それは良くない!)、4指だけの練習をしっかりやることで隣の弦に当たらなくなる。
ドミソドと構えて、ドだけ弾く練習とかを繰り返す。

基礎練習の問題!

指の筋力と、独立力をつける!

基礎練習しっかりやらないといずれ躓くときがくるよー!!

★シーベックシーモアのラソファミレド(1231234)…と降りるとこ(教本ならオクターブの音階練習のとこ)で、雑音が鳴らないために指を滑らす(弦から離れないようにする)のはいいのか。次の弦に指を当てておくのはいいのか。
→いいどころか、やらなきゃだめ!
もっとしっかりやる。指が詰まって弾きにくそうなので、もっと親指を上にする。
最初の2指が握れてないので握る。
指をくぐらしたあとも指の準備をすること。(今はくぐったあとは準備してなかった)

★目線について
ブラインドはどっちでもいい。弦を見るのは問題ないが、首が落ちて力が入るのは体を痛めるのでダメ。首は落とさず弦を見る。
見た目もよろしくないしね!

★保管の仕方。横置きもあり?
→あり。どちらでも良くて、何かあったときに倒れないようにすることが大事。
私は立ててるので、共鳴胴側(倒れる側)を壁などにつけること。

★ついサウンドホールに指ひっかけて持ち上げちゃうんだけど、だめ?
→全然OK!グランドでもやる。持つ為の穴とまで言っておられて笑ったわ!

★替え弦について
青山の弦とかバラで売ってて(バラは割高だが)、どこのを使っても良い。
ナイロンは前兆なく突然切れるらしい。
高音部なんかは一本買えば三回分使えたりするんだって。

もし同じ弦ばかり切れたら、弦を通す下の穴のとこを切れた弦でギコギコやってささくれ?を取ったりするといい(私のチェルシー、この穴錆びてるっぽいし、ぜひやりたいと思う。)

…というかんじで
時間オーバーしまくっているのに本当に全部答えたくれた。

嬉しいことに、習っているのと同じに正しく練習できているって言われたよ~
自信とヤル気が湧くよ~
そういう先生って素晴らしいよね!

あと私が聞いたことに
『諸説あるけど、私はこうしたほうがよいと考えてます、なぜなら…』という感じで、あくまで他を否定するでなく、でもそう信じる理由を教えてくれて、『じゃ私もそうする!』と自然に思えたりしたの。

ハープって先生によって色々違いがあると聞くし(握るか握らないかひとつとっても)、理由聞いてようやく『私もちゃんと握ろう』と真から思えたというかね。

で、握る理由ってなんだったっけな(おい)
私っていつも心が動いた事が重要で、内容は後回しなんだよねぇ。

たしか、
たくさん先生についたけど、みんなそうだったとか、
他の人の演奏聞いてても握る人(握る大切さを知ってる人)の方が上手に感じるとか、
そんな話を聞いた気が…(うろ覚えでほんとに申し訳ないよ…)

私には(真面目に取り組むタイプにみえるから)その方が向いてると思う、みたいな感想もいただいたりして、
とにかく、私の半分しか生きてなそうなお若い方なのに、生徒のヤル気をひきだして伸ばせそうな良い先生だなぁーなんて感じましたよ。

まあしかし私にはまだまだ基礎練習も足りないようだし、当分はこのまま自主練続けていっても進歩できそうだな…とも思った。
教えを乞う前にやるべきことがある、というか。

とにかく今日教えていただいたことを実践するぞ!!基礎練習!!

ちなみに置いてあったのは青山のハープ。25弦だったかな。音はチェルシーより少し響くような気もするけど、ほぼ同じって感じでしたよ。
チェルシーを見直した。
15675045382977177772280678346386.jpg
↑これね(待ってる間にチラシをゲット)
ハープはチラシ入手すら難しい。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする