2019年09月07日

膝のせハープは膝のせしない!?

私のチェルシーハープの練習スタイル。
絨毯やベッドに正座で座ったり長座で座ったり、ソファーに座ったり。
ハープも股に挟んだり膝に置いたりと、全くもって安定していない。

最近は優雅に、と言うよりはダラダラと、
ソファーで弾いてました。
ハープは右側にクッション置いて、右膝とクッションに跨がせて置くという謎のポジション。
2~3日そんな感じで練習してたら、他の持ち方にしたら弾きにくくなっていた。

いやいや、こんな変なスタイルで安定されたら困るわっ!
クッションがへたったらアウトじゃないの!
というわけで、ようやくハープの構え方なぞを調べてみました。

すると、衝撃の事実が…!

膝のせハープを膝に乗せると、安定感がなく体にも負担がかかるため、少なくとも練習時はオススメされていないという。
膝のせは、プロ向きの、しかもパフォーマンススタイルらしいのだ!

たしかに、膝に乗せると重いわグラグラするわとやたら弾きにくいとは思っていた。
膝のせハープは『膝に乗せて弾くハープ』ではなく『膝に乗せられるハープ』なのだ。

手乗り文鳥は手にも乗れるだけで、手に乗ってないと死んじゃう文鳥じゃないのと同じだな(?)

膝に乗せてる画像はよく見るけど、少なくとも練習で乗せるのはやめよう。
やっぱり重いし。
PicsArt_08-28-08.05.44.png
↑グレースハープHPより

ベイビーハープくらいなら軽いから体は楽かもしれないが、安定しないのは同じだろうな。
まぁ、エンジェルハープとか膝に乗せてグループレッスンしてる画像なんかもあったので、乗せて練習してる方々もいるようです。

股に台か何か挟んでハープを乗せたらどうかな~と思ったけど、今のところ良い台も見つからない。
結局、ハープは直置きで股に挟んで練習することに。

ゆくゆくはロングスカートで優雅に弾きたいんだけど、股に挟む…ううむ、どうなんだこれ。
まだまだ要検討だわ…。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

ハープ弾弦後の手の形

ハープの弦を弾いた後の、手の形。
どうやらとっても大事らしい。

PicsArt_08-28-09.57.30.png
↑さて、どれが正解でしょうか?

なんとなく大事なのは分かっていたが、
思ってたより大事らしいと分かってきた。

ピアノの場合は、弾く前の手の形は『卵を握るように』とかよく言われたけど、弾いた後なぞ意識したこともなかったなぁ…。

と言うのも、先日見つけたハープを弾く方のブログで、『家族がハープを弾きたいと言うので、教えることになった。まず2ヶ月は手を握る形の練習だ。』というような内容を読み、びっくりしたのだ。

いじわるとかじゃない、真面目に教えようとしてる雰囲気で。
その後その家族がどうなったのかは分からんが(ハープブログって大抵1~2ヵ月で更新ストップしている)、ハープ弾きたいと言ったのに2ヶ月触らせてもらえないってキツくないかね。

とにかくそれくらい大事なんだなぁとおもったのでした。
そのわりに私はそれ、あまりにも練習していない。いかんね。

ということで今さらながら、本やブログなどから抜粋して基本を確認したいと思います。


『ハープは弦を弾いた後、グーを作る。』

そのグーは…

・親指は人差し指の上に折り曲げる。
 (あれっ!私まっすぐやってたよ!
 弾く前はまっすぐらしいから、混ざっておるのだな…。)

・残りの4本は手のひらに折り畳む。
 4本の指は曲げない。
 脱力する、リラックスの握り方。
 「手のひらに指を落とす」感じ。

・水も漏れないほどしっかり握る。
などなど…

というわけで正解は1番!
IMAG3530.jpg
↑これです!!
(私がやってるので理想的ではないと思うが…)
写真撮ってて思ったけど、親指の位置もずいぶん後ろなのだなぁ。


これを意識してからいつものようにシーベック&シーモアの練習をすると、いきなり親指の爪が当たり、ひどい雑音(弦が切れると怖いっ!)が。
すぐに爪を切りましたよ。

調べると、ハープは爪の近くの指の腹で弾くため爪は短く切る(そしてヤスリで丸く整える)という情報が。

やっぱり今まで親指が間違えてたんだわ。
少なくとも親指の爪はいつもより短めにしないとだめなのだわ。

趣味なんだから、と甘々の独学を始めた私でも、やはり少しでも良い音がするのは嬉しいので、もうちょっと基本を意識していこう。

でもま、弾きたい曲が弾ければいい…という程度の真面目さなので、できるだけ意識しつつも、楽しんで練習していきたいと思います♪♪
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

ハープに人が寄ってくる(悪い意味で)

これもう、ほんとに。
気のせいかと思って我慢を重ねてきたが
もう絶対そう!

『リビングのどこにハープを置いても、人が近くに来る』

これは弾いてる時じゃなく、保管時の話。

寄りかかって倒れたり、ぶつかったりして傷つけられないようにリビングの色々なデットスペースに置いてみるんだけど。
気がつけば誰かが至近距離にいる。

IMAG3537.jpg
↑ここはピアノ横

夫なんか後ろ向きに寄ってきて座ろうとしたし(そこに椅子はない)
子供たちはあと五センチでぶつかる場所でわざわざ取っ組み合いしたり。
子供、幼児じゃないよ。もうすぐ中学生よ。

私はいつもハープを守ろうとすぐ隣に座ってテレビ見たりしてるんだけど、なぜかその間に入ろうとしてきたり。
いつもは来ない場所に人が集う。
もうこれは、なんらかの引力が働いてるとしか思えない…。

なんですかね。
ハープに限らず、大事にしてる高価な楽器にありがちなのか?
グランドピアノの上に物が置きたくなるようなものか?

ライアーの時はそんなことなかったし、ある程度大きさがあるものだけに起こる現象か。

ライアーくらい小さければ毎回移動させてもいいが、ハープ持って毎日階段登り降りするのは危険なので避けたいのだ。
私はいつも練習しやすいようリビングに置きたいのだ。

初めは私に人が寄るのかと思って(やっぱりみんなママが好き)、結果ハープに寄られてるかと思ってたけど
今日は私がトイレに入ってる時に、ついに子供たちにハープを倒されてしまった(幸い座布団の上で無事だった)。←壁際に置いたので普通に考えたら倒れないのに!

猛烈に子供たちを怒鳴り付けながら、最後は笑ってしまったわよ。
なぜなの?と。

ハープをオブジェのように目立つ場所に飾ってる方々は、そんなことないのだろうか。
やはり『大事にしてるんだから寄るなオーラ』が逆に蛮族どもを呼んでしまうのだろうか。
誰か同じ悩みを持つ方はいないだろうか。

『ハープが心の癒しとなり、いつも微笑んでいる優しいママになる。』という私の目論見が遠のいていく…。

今日も私はハープの安全地帯を求めて、リビングをさまよう。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

分散和音の練習

15675755113566170370506650327410.jpg
分散和音。
和音をバラバラにタララランとひくやつです。
楽譜では和音の隣に波線が引かれてます。
アルペジオも分散和音に入ります。

さて、どうやって練習しようか。
和音で弾いてから、さりげなく?崩すとか。
バラバラにゆっくり弾くところから、だんだん速度を上げていくか。
うん、まぁこっちかな。
どちらにせよ指を和音の形に取ってから弾くのだし。

今のところは全然弾けないので
日々鍛練しようと思います。

そして、ハープを練習している方のブログや動画を見たりして、なんとなくこうかな?という以下の方法を試したら少しよくなってきた。

・弦をしならせてから、バラバラに放つ
・勢いで弾かない、手首の力ではなく指の力でひく
・リラックス

しならせる、というのが、弦を引っ張る感じでいいのかは少し不安なのだけど、
和音を指でとってから、右手は右、左手は左に少し弦を引っ張る感じにしてから下から離す方法だと、隣の弦に触れにくくて音も速く軽く弾ける。

いいのかなこれで。弦に悪かったりしないかな。こーゆーのを教室とかで聞いてみたいんだよねー。

でも前より良くなったと思うので、とりあえずこの方法で練習していこうと思います~。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

素人が思う、どこのハープを買うべきか。

ハープに憧れ、弾きたいと思いつつも
習うのは難しい、くらいの私のような人は
はたして、どんなハープを買うと良いのか!?

音大卒などプロ並の方々が思う
メーカー別の音色の違い、とかのレベルではなく、超ど素人趣味レベルの話ですよ。

PicsArt_09-04-02.34.12.jpg
自分で作るところから始まって、
無名メーカーのライアー、
そして名の知れたメーカーのハープ、と着々と登ってきた私が今、思うには
やはりそれなりには名のあるメーカーの方が無難ではないかなぁ~と。

なぜなら今回のようにレバー折れのような事件が起こった時に、対処ができるからです。

もしアリババでパキスタン等から買ったハープ(日本に輸入されてないもの)だったら、レバーも個人輸入するしかない。
メーカーがはっきりしてれば、大変でもそれは可能だろうけど、そもそも分からなければ直せない。

壊れたら終わり、くらいの覚悟で入手するならいいと思うんだけど、愛着湧いた楽器を直せないのってなかなか辛いと思うのよね。
練習に励んで上手になってたら、更にもったいない。

だから、壊れたら部品が入手できる位には、出身のはっきりしたハープを買うと良いと思ってます。今は。

まぁ無名でもちゃんと直せれば問題はないけど、名のあるメーカーだと入手先の選択肢が広いので、安いのを探したりもできる。

例えば私の作ったハープなら、私がいなくなったら自分で直すしかない(私のハープの材料ならホームセンターで買えますけども…これがもし特殊な部品ならもう直せないわけです!)。

音色については結局、好み。
一般的に良い音色が、自分に向いてるわけではない。
良い音は良い音、なのはまぁ素人でもなんとなく分かるけど。少なくとも、よく響くオーケストラ向きのハープは普通の家では練習できない。
百歩譲っても夜は無理。
音はむしろ小さめな方が、家でいつでも弾けて趣味レベルなら良いかもしれない。
本体が小さい方が音も小さいようですし。

教室に通うでもなく、プロの知り合いがいるでもなく、自分や友達に聞かせるくらいなら、音色の差はあまりわからない。

チェルシー、めっちゃ癒される良い音です。
でも、隣に他の有名メーカーの高いハープがあったら負けるかもと思う。
動画で聞く限りだけど、他のハープの方が重厚に響いてる気がする。
チェルシーは小さいからベビーハープの音に少し近くて、軽いかんじかも?
(でも私が弾いてるからであって、ほんとはもっと良い音が出せるかも~。)

メンテナンスの大変さもポイントだよね!
弦の総替えなんて素人はとりあえずやらないだろうから、弦も扱いやすいものが良い。
良い音色らしいガット弦は手入れが大変で高いらしいし、素人は、音色より、なるべく頑丈かつ狂いにくい方が助かる。
ナイロンかスチール。

前にスチールが一番扱いやすいらしいと調べたけども、スチールは錆びが気になるので私はナイロンの方が好きです。なにより音色が好きだし。これは好みだけど。

狂いにくい、で言えば、これは弦ではなくピンの違いかもしれないけど、調弦の大変さは
値段ときれいに反比例しました。

手作り針金ハープ
 →曲の前後でもう狂う。少なくとも毎日。
(しかもピタッとは合わないけどご愛嬌…)

無名ライアー
 →3日に一度くらい。
(少し難しいけどピタッと合うところまではいく)

チェルシーハープ
 →一週間に一度くらい。
(でもほぼ狂ってないし、易々とピタリと合う。)

調弦が大変だと、弾くのが面倒になりがちです。上達を目指すなら辛くなると思う。
でもまぁ、思い出した時にたまに弾く位で、調弦の大変さもセットで楽しめるなら手作りハープもありなのかもなぁ。

ハープに絞って、弦の数やレバーあるなしについては前にも書いたかもだけど、22弦あると曲選びが楽です。
チェルシーは適当に買った教本でも使えるし、ある程度なんでも弾ける。
そして弾いてみたい曲がたくさんあるなら、レバーも絶対あったほうがいい。
(まぁ、折れると面倒なんだけども)

ライアーはレバーがないのよね。
でも、置場所を取らなくて、持ち運びできるし。金属弦の音色が好きなら、ライアーはやっぱり良いと思う。
16弦ライアー手放しちゃったけど、こないだキャンプで弾きたくなったんだよねー。
手軽さはやはり別格だったなぁ。
教本とか全然ないから将来的に趣味レベルを越えることはないけど、家で弾くだけなら問題ないと思うし。

私、また買っちゃう可能性もあるなぁ。
でもまぁ、ハープに慣れてからライアー弾いたら爆音になりそう。
弾き方、全然違うもんね。

置場所的にはベビーハープもありだと思うけど、主旋律だけでも12弦だと足りない曲が多く、移調する手間や技術がない場合はキツイかも。その幅だけで演奏を楽しもうとすると、飽きるのが早い。
将来的に大きなハープを買うまでとかの指の訓練的にはとても良いと思うけど…私なら続かないかもしれないなぁ。

でも最近ベビーハープが流行ってて、楽譜などもたくさん出てるので、かなり生かせるようになってると思うのですよ!
マイナーな曲や弾きたい曲がはっきりしてる場合は厳しいけど、レパートリーはかなり持てる。
2~3万で買えるし、音色もちゃんとハープだし、うーん、悪くないですよね。

私がこの先もハープにはまり続け、教室に通うようになって他のハープにも触れたりして、更に難しい曲も弾きたくなった時には、チェルシーを買い換えたくなる可能性もあるかもしれない。
でもそこまで行くまでは長いし、いかないかもしれない。
今のわたしにはチェルシーが最適で最高ですね。まぁ、やっぱり私にはこれでもデカイけどね…。
posted by aya at 18:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする