2019年09月25日

教本より、ロマンス 動画

はいはーい!
今日はまた恐れ多くも動画アップ記事です。

初歩者のための実用ハープ教本1
28ページの練習曲
『2台のハープのための4つの小曲 ロマンス』
左側のページのパート(ハープⅡ)弾いてみました!

YouTubeにアップしてみました!
弾きようによっては可愛い曲になりそうですが
私の腕前のせいで全く聞き応えのない曲になってますし、

スマホカメラ操作に慣れてないのが良く分かり
チラチラ明るさが変化したりするんですけれども、

とにかくこの動画に合わせて右側のページ(ハープⅠ)を弾くことで
ハープフレンドがいない私にも、アンサンブルが楽しめるわけです!
一人二役。
か、悲しい…。

さぁ、ハープを独学で頑張る同士の君よ。
私と画面越しに、ロマンスしようではないか。

ちょっと正直、この先生(私)とは
ロマンスは生まれないな~って感じですけれども。
友情を育めたら嬉しいです!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

ロマンスとの再会

教本、出来もせず進めすぎてたので
ページ戻って練習していたら
またロマンスのところまで進みました。

156618809600991279432544800551.jpg
※初めての方、忘れた方へ
教本のこの曲、なんだか難しくて
初めてハープの練習に対してテンションが下がってしまったので
飛ばすことにした、ちょっといわくつきのページなのだ!!

かれこれ2~3週間前くらい?
あの頃はまだレバー折れててシが♭だったなぁ。

正直「アーまた来たー」
と飛ばそうか迷いつつ弾いてみたら
あら不思議!?
弾けそうですよ!?

前回は4指弾くと隣の弦にぶつかっちゃうとか思ってたはずだけど
そんなこと全然ないかも。
成長してる!!
嬉しいぃ!!

むしろ別の場所が弾きにくいので
やりやすい曲とは言い難いけど
成長感じた喜びで練習することにした。

この曲、ロマンスというタイトルのわりに
なんだかちっともロマンチックではない。
可愛らしい、拙い感じの
練習曲って雰囲気である。

そして、2台で合わせて弾く。
片方がやや難しく、もう片方が簡単。

だから左ページは先生のパートなんだわ、と勝手に飛ばしたわけなんだけど…

ん?もしかしてアレか?
先生(または先輩)と、生徒の、ロマンスなんじゃない??
ハープ初心者に教えながら芽生える、拙い、プラトニックな愛?って感じ?

しかもハープだから初心者の方のイメージは貴族の奥様だったりするわよ私は。
あらまぁ不倫ですよ!

作者を見ると…

モルナール先生(著者、当然ながらハープの先生)じゃないの!!
ちょっと!
15682018579572361220593086014782.jpg
「ゴ、誤解でーす!」

などと勝手に想像しながら
練習しております。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

オークションの魔力ふたたび

念願のハープを手に入れた今も
他のハープを見るのも楽しいので
ついついオークションをチェックしております。

こないだはノリでアコーディオンを落札しそうになり
無事に競り負ける事ができました。
危なかった。
ホントに全然いらないよアコーディオン!
見た目の印象で、一瞬、簡単に弾けそうで楽しそうに見えたのだ。
鍵盤ハーモニカじゃないんだから!

と、ヒヤヒヤしつつも
また日々入札したりしております。
前に買ったライアーも
「この値段ならまた欲しい」くらいで
ちょいちょい手を出しては負けてます。

さっきはすごく大きなアイリッシュハープに入札してしまいました。
ジャンクとのことですが、もしかしたらきれいな音が鳴るかも、と興味が湧いてしまった。

こんなん、どこに置くの?
そこで閃いたのが屋根裏部屋。
ああ、うちには立派な物置があったわ。
その時、わたしはもう入札ボタンを押していたのだった!

どうする?このまま落札したら。
ドキドキ。
PicsArt_09-19-12.15.08.png
これ。30弦もあるのに
終了30分前で1000えん。
弦は何本か切れてるけど、直せるし。
最悪部品取りでもお得よ。
レバーもピンも30個も手に入るよ。
本体はボロくなってるけど
レバーひとつも折れてないよ。
その時点で悪い品ではないと見たね。

送料調べると6500円。
合わせて一万以下なら買いだわ!

と記事書いててオークション戻ったら
8000円に。もう負けてる!
むむ。
いつも終了5分前に上がるんだよね。

合わせて15000円位かー。
弦張り直したら+一万くらい?
それでもめちゃ安いけどさー。
うちにはもうチェルシーいるしさー。
あーあー、よし諦めよう。
さよなら30弦。
君でランブルトゥキャッスル弾いてみたかったな…。

今日もちゃんと競り負けて諦めた。
私はえらい。

このようにリサーチし続けるとすごいのがちょいちょい出てくるので
オークションからはやはり目が離せません。
うーん、やっぱり惜しかったかなー。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

クロックハープがお嫁にいきました

唐突に、ほんとに唐突に
「この子、このままでいいのかしら。」
とホコリを被りつつあるクロックハープが哀れになり
思い立って売りに出し
有難い事にすぐに買い手がつきました。

DSC_2257.jpg
つっかえされて来たら
この際改造しちゃおうかなーと思って
材料を仕入れてしまったのだけど

有難い事に気に入っていただけて
第二の楽器人生を歩み始めたようです。

他のミニミニハープと違って
売ることを想定してつくってないぶん
無骨ながら愛着あるハープでしたね。

2年弱、ありがとう!
私に楽器作りの楽しさや
ハープ(?)の演奏の楽しさを教えてくれた。
あの子の事はきっとずっと忘れないわ。

でもチェルシーがあると
もう本当に二度と弾かないかもーなので
お嫁に行ってハープも幸せです。

うーん、なかなか感慨深くて。
作るときの情熱や苦労や
色々弾いた思い出とか巡っちゃう。

さすがに子育てまではいかないけど
犬の良心的なブリーダーとか
牛の種付けからの出荷までとか
愛情を注いで育てて売る、みたいな
一連の流れを感じました。

やはりハープは
弾くのも楽しい。
直すのも楽しい。
作るのも楽しい楽器であるよ。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

楽譜の選び方(編曲の違い)について

あーこの曲、好きだなー
弾いてみたいなー
楽譜買っちゃおう!
になったあとの楽譜の選び方。

などと言っても
私は今のところ
まず、ハープで楽譜があるかどうか。
チェルシーの音域に入っているか。
お値段はいかほどか。
(バラ売りされてない場合も多い)
と、かなり狭い範囲で決めているのだが。
そして中で一番安いやつを買おうとしたりしてるのだが。

そこは今回置いといて。

お金も潤沢に使えたり
またはたまたま何曲も
同じ曲の楽譜があった場合
どの楽譜を買うかの基準として
もうひとつ見るべきものがあることに気がついたよ。

あ、レベルももちろん見るけどね。
私のような初心者はとくに
レベルが低くないと弾けないけどね。

いやもう
ハープで楽譜があって、音域がセーフで、レベルが合ってて、お値段もそこそこだったらもう買うべきだよ。
ここまで書いてて気づいたよ。

おわり。

いやいや、この話はここで終わりだと
書きたいことまで到達できないので
ここは無理矢理話を続けますがね。

そこもすべてカバーしてて
そんで更に2種類の楽譜があったとしよう!

まぁ、ないことはないよ!
サリーガーデンとか庭の千草とかさ。
いろんなとこから出てるしさ。
ピクシーハープ(19弦)用とかも含めたら、けっこうあるよ。

んで聞いた感じの好みも一緒だったとしよう。

その場合、今までの私なら
なんとなく♯♭のないハ長調だと簡単そうで選んだりしてしまったりしそうなんだけど。

そこはハープとピアノの違うところ。
できるだけ、『♭3つの変ホ長調を選ぶ方が良い』と思ったわけです。

さらに高い音が好きな私は
メロディーが高めの音の編曲を好みそうなのだけど
そこもまた、よく響く真ん中あたりがメインで構成されてる曲の方がきれいに聞こえると。
そう思ったわけです。

・・・・・・

ハ長調で高い音ばかりの
ランブルトゥキャッスルを練習してて思ったわけです!!

…そうなのです。
響かないのです。
こんなに素敵な曲なのに、なんかプチプチキンキンしてしまうのです。
これ、練習してればいつかどうにかなるのかな!?

楽譜に
「大きいハープなら1オクターブ下げて弾いてもいいよ」みたいに書いてあるから
わざわざ下げたい人なんているのかね、と思ってたけど
なるほど、高いとあまり響かないからかな、なんて思いました。

さらにレバー3つも上がってるから
そこがさらに響かない。
とくに前から言ってる上から二番目のミが響かない。
ここだけガット弦とかに変えたらどうよ!?
とか思わず考えちゃうくらいです。
しかもその音が多い。

はい、これはもうただの、上手く弾けない言い訳の愚痴でした。(こういう記事、一定間隔で出てくるなぁ)

初見で弾いたときと、全然変わらないの。
成長を感じないの。
やっぱりレッスンとか、先生のお力を借りた方がいいのかしら。
まぁせめて一週間くらいは練習してから考えましょうね。
正しくやれば、きっともっと響く!
156912157970216195632147936359.jpg
↑ぎゅうぎゅう感
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする