2019年08月03日

突然のアルパ!?

PicsArt_07-30-09.37.15.png
ヤフオク見てたらアルパが出ていた。
アルパは南米のハープで、ライアーほどではないが、いわゆるハープとはまた少し違う。

レバーがないという理由で
候補から外れていたが
ここ最近の迷走っぷりから
アルパの何が悪いのかわからなくなった。

アルパは…まあ、やはりでかい。
アルパはレバーがないから半音がでない。
アルパとアイリッシュハープは、音もちょっと違う。
アルパは軽くて明るい感じ。ハープはしっとり優しい感じ。(動画で聞く限りだが、アルパの音はお琴に少し近いように聞こえる。)
ハープは指で弾くのに対し、アルパは爪で弾くらしい。

…というあたりの情報をざっと集め、やはり私はアルパよりアイリッシュハープ派かなとは思ったのだ。

が、ヤフオクで安く出てたから思わず入札してしまった。どうしようこのまま落札したら。
だって近所だから取りに行けるし安いし…。

ま、安く買えるならそれはそれでいっか。
買えちゃったら好きになるだろう。
なるしかないし。

アルパでも、指輪のようなジャベというもので弦を押すことで半音は出せるようだ。
PicsArt_07-30-09.28.45.png
↑とてもかっこいい

ペグがついていて、チューニングにレンチがいらないようだ。なかなかに便利。

大きい割には軽く、持ち運びが(多少は)楽そう。

などの魅力もざっくり調査。

…でもやっぱり大きい。
あとペグや彫刻の雰囲気は、ちょっと男性的と思う。かっこいいギターみたいな。

中古で入手したら、葉巻やコーヒーの香りが染み付いてそうな、そんな雰囲気…。
PicsArt_07-30-09.37.44.png
ボロいのを修繕する、とかは好みの展開なのだが、物として好みのタイプとはちょっと違う気もする。
白いアルパとかは女性的だけど。塗り直すとかね。
んー、でもやはりなにより、大きいかなー。

占い(ゲームの)にまで頼り、その買い物はやめとけ、数日間考えろというお告げに、今回は従って見送ることにした。
アルパが15000円以下で買えた機会を見逃したことを今後後悔しないことを願う!
posted by aya at 06:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする