2019年08月16日

ハープのレバーに油を差す

レバーの金具の折れは
取り急ぎ強力ボンドを発注したので
届くまでとりあえず置いといて。

全部のレバーを動かしてみたら
すごーーーく固いヤツがちらほら。
これを無理やり動かしたら折れるのでは…
と危険な感じがするので
(前の方は使わなかったのかしら…)
潤滑油を検索して、これ買ってみました。

IMAG3471.jpg
クレ シリコングリースメイト。

クレ556は持ってるんだけど
あれはどうもよくないようなので
(一時しのぎにはなるけど、ハープのようなものに使ってはいけない、逆効果らしい)
アマゾンでポチっと購入。
1200円くらいとクレ556より高級。

しかし
クレ556にこんなに仲間がいたなんて…
ってくらい似た名前と用途のスプレーがあり、揺れました。

シリコンメイトやらグリースメイトやら。
これが一番高いスプレーだったかな。
でも用途を読んでもよく分からないので
ネットでオススメしてた人を信じて
一番高いシリコングリースメイトを買ったよ。

使った感じを556と比べると。
556より細いノズルがついていて使いやすい。
それでも奥の木のとこまで飛ぶので、一本一本拭きながらスプレー。
狭いので綿棒も使った(繊維が抜けるからあんまり良くないだろうけど)。

556は透明でサラサラだけど、シリコングリースメイトは白くて粘度がある。
そのまま白い痕は残る(拭けばとれる)。

という感じ。

レバーの溝と稼働部分にスプレー
吹きすぎた分、奥に飛んだ部分を拭く
レバーを何度か動かす
レバーを戻す

これを22本。
丁寧にやってるのでそれなりに時間かかった…のに。
事件が!

IMAG3472.jpg
ボキッと。

お分かりいただけるだろうか。
左から二番目のソのレバーも折れた!

まぁこれ、元々『折れてるの?』と疑っていたほどガッツリとヒビの入ったレバーだったので
遅かれ早かれ折れたとは思うけど。
折れたというか取れた、くらいの感触。

しかしレバーってそんなに折れるものなのかなぁー?

スプレー中なので応急対策でペンチで動かしたら金具がちょっと傷ついてしまった。
しまったー。

しかしまぁ、どちらにせよ一本折れてるので、直さなきゃいけないのは一緒だからまぁいいか。
ボンドで直るといいけれど。

他にもネジが緩くてグラグラしてるレバーも閉め直したり。

などの事件もありつつの油差しでした。

差した直後は特に変化を感じなかったけど
数時間たったら、いくらかスムーズになった気がする。
もっと劇的変化を期待したけれども。
固いのは固いままだけど、動くって感じかな。

他にも木の部分にヒビがあったりと
色々メンテナンスが必要な感じします。
ハープの寿命が2年ってことはないだろうから、なんとかなるはずよ。
チェルシー、私が生き返らせてみせるからね(これから色々調べて)!

しかし保管方法にでも問題があったのかしら。
私もどう保管していくか、悩むなぁ~。
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

チェルシーハープ第1日目

ハープは最初から、とりあえず弾ける。

ということで
自分と先生(動画のお方)を比べるためにも
録画してみました。
届いた当日です。
先日紹介したアメイジンググレイスです。

(比べやすいよう下に
お手本の動画を貼りました)

上が私で下が先生。

これ、自分としては
特に問題なく弾けていると思っている。

でもなにせ私は
ハープが届いた初日の超超初心者。
一度もレッスンも受けてないからこその
初心者にありがちな勘違いだと思うので
後日見てみて
『なにこれ、全然なってない!』
と感じるのだろうなぁ。

まぁ、もし感じなかったら
成長してないということなので、まずいのだ。

ハープはちゃんと、指や腕の形に
色々と決まりがある様子。

動画のマネをしてみて
弾いた後の親指は
人差し指の付け根につけてみたり
他の指は弾いたあと握ったりしてみている。

その方が良い音がするのかな?

でも、弾いたあと親指が
隣の弦に触っちゃうんだけど
これはやはり角度が間違っているのかなぁ。

動画だけのレッスンに早くも暗雲が…
やはり教本くらい買うかな。
posted by aya at 13:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

ハープが届いた!!!

き、き、き、きました。
ついについに来ました。
届きました。
チェルシーハープ!!

15653279280706080287038323544190.jpg
最近別件で色々心に負担があって
情緒不安定になっているので
このハープが癒しになるのか
ストレスになるのか
今はまだドキドキしちゃって…。

折れてるレバーは
わたしの考えてた接着剤では
くっつかなかった!
半田ゴテもダメ!
これはまた考えます…。

金属は想像してたより傷んでる。
15653281736365416622498403815029.jpg
所々錆びてるみたい。
お聞きした年数は2年と短かったのだけど
痛みやすいものなのかしらー?

あとショックなのは
替え弦がついてなかった!
もし切れたらアウト!
ひぃぃ怖い。

弦って、どこで何を買えばいいのか
全く分からない。
高そうなのはもちろん
このハープの弦がどこに売ってるのやら!?

でも。
ちょっと弾いてみたら、なんか
とても、簡単?
…というのは素人故だろうけど
少なくともライアーより簡単に、良い音が出ます。

思い切り弾いてもうるさくない。
ていうかホントにライアーよりパワフルに弾かないと、弾けないというか。
しっかり弾くといい音が出る感じ。

あとは、やっぱり大きくて重い!
膝に乗せると重い!
そしてちと痛いかも!

などなど…。

意外な所もありましたが
これからしっかり愛して活用していきたいと思います!
まずメンテナンスがんばるぞー!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

ハープは笑顔で奏でるのだ!?

ハープの動画を見ていると
笑顔で演奏している方が圧倒的に多い。
ステージならわかるが
一人で録音している雰囲気でも
かなりしっかりとした笑顔。

『私ハープが好き! 
だから自然と笑顔になっちゃうの!』

…という方もあろうが
いくらなんでも笑顔率が高すぎる。

これはもう、たぶん、ある程度決まりがあるのかと思う。
ハープという楽器は、笑顔で演奏するのが良いとされている、ということが。
音色が良い方に変わる可能性もある。

ピアノは全然笑わないでしょ。
笑っちゃダメとかじゃなく、表情に決まりはないでしょ。

まぁ、すべて想像で書いてますけど。

でもその決まり(マナー?)、素晴らしいと思います。

なにせ見た目に優雅だし。
とちっても笑顔でいるためには
日頃から笑顔を心がける必要もあるし
そしたら口角も上がって若返るし
いいことづくめね!!

演奏技術ほっぽらかして、そこ~!?
という着眼点ですが
私はその自分で見つけた法則を
力一杯実践していきたいと思う。

きれいになりたいから!!!

以前段ボールハープかかえた写真みて
老け顔にびっくりしましたしね。
隠したけど、ドーナツの下には老け顔が…
PicsArt_07-23-02.26.25.jpg
頑張ろうっと(^o^)←笑顔
posted by aya at 13:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

アイリッシュハープの調弦

購入したハープが届くまでに
知らねばならぬこと。
まずは、調弦のしかた。

↓以下ネットから拾いました。

解放弦(フックが全部下りている状態)で変ホ長調にチューニングします。
変ホ長調とは♭が三つついた調で、ミとラとシが♭に、他の音はナチュラルになります。

そしてミの♭から長音階になります。これによってこの楽器では♭が3つまで、♯が4つまでの調が演奏できます。例えばハ長調ならミとラとシのフックを上にあげると全部ナチュラルの音となります。

↑とのこと。
ふむふむ、全部開放の状態でチューニングするのね。今までみたいに普通のドレミファソラシドじゃダメなのね。

これまず間違えるとしょーもない。
22弦もあるのに、いきなりやり直しは凹む。

ちなみにチューナーのピッチ、442ヘルツに合わせる説と440ヘルツ説がある。
どっち。

チューナーはうちのウクレレ用に買ったものでいけそうかな。
ハープ屋さんのページ見ると、クロマチックチューナーを使えと書いてあるので、今まで通りクロマチックモード(C)でやればよいか。

15654300441302534986114636525758.jpg

中央のドから、まず上に向かって合わせる説と、下に向かって合わせる説がある。
どっち。
これはもうやり易い方でいいか…。

ピッチについて調べてたら、恐ろしく奥深い話になっていった。調弦そのものが、機械で合わせればいい、そんな簡単な話じゃないようなのだ。

機械で合わせるより、耳で美しく聞こえる音が正しい(要スキル)とか。
真ん中だけ機械で合わせて、オクターブで弾いて響かせて良い音が正しいとか。
3度、5度でやってみるとか、調が違うとまた変わるとか平均律とか。
ピアノのように12度で合わせるのではなく、ハープならではの良い音があるとか。
癒しの周波数は444だとか、だから440なのだとか(ごめんなさい全然分かりません)。
ふ、ふかいよ。

とにかくハープで一般的なのは442らしいのでまずはそうします…。

そもそもチューナーのど真ん中じゃなくても良しとしてる私なら442も440も変わらん気がする。

あとはもちろん
修理や汚れ落としね!
ピカピカにするぞ~!!
posted by aya at 13:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする