2019年08月21日

ハープレバー修理(途中経過1)

ようやくボンドが届いて
折れたレバーを貼り付けてみましたよ。

ボンドは楽器用でもなんでなく
ただ金属用というだけなので、どうかなぁ。
IMAG3485.jpg
IMAG3487.jpg
↑ソとシの二ヶ所
瞬間接着剤じゃないのでまる1日経過観察

…しましたが、どうもダメそう(T_T)

見た目だけくっついてるけど
この粘着力ではレバー動かせないわ。
レバーも固めだし。
残念。

気を取り直して、レバーの取り寄せに関して!

意外にも日本(グレースハープ)よりパキスタン(ミッドイースト)の方が先にメールのお返事が!
かなり意外!
パキスタン真面目!!

残念ながらレバーについてではなく、Eid Holidaysという祝日(ラマダン明けの大祭)のために会社が休みなので返事はそのあとになります、というご連絡でしたが。

文章もとても丁寧!
あんなに怪しい英語でのぶしつけなメールに対してのお返事なのに、と感激。

日本はお盆だから休みなのはわかってたけど、自動返信で『何日まで休みです』みたいにもしてないし、負けてる気がするわ~。
真面目さで日本はもう一番じゃないのね…なんて、こんなところでしみじみしてしまいました。

そういえば別の企業だが日本の会社からボンドが届くのも遅かったなぁ…日本よ。
posted by aya at 13:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

ハープを独学する(教本)

IMAG3480.jpg
ハープを独学するに
動画やネット情報だけだと心細いので
教本を購入してみました。

『実用ハープ教本1』

前からネットでちらっ見たことはある教本。
地味で続かないイメージ…の教本。
でも安く売ってたので買ってみたの。

まず、冊子のような見た目かと思ったら
意外としっかり。
コピー本みたいなのをなぜか想像していた私…。

そして中身は…いい!
私、こういうの欲しかったわっ!

なんというか、私の想像がおかしいんだけど
字ばっかりかと思ったら
練習の楽譜ばっかりというか。

スパルタ式にひたすら練習をさせられる本、という感じ

これを弾きなさい。
楽譜ずらーっ!!
次はこれを弾きなさい。
楽譜めいっぱいー!!
みたいな怒涛の指令。
(ページをめくって、キャーッ!と思わず声が出た。先生、容赦ねぇな!って感じ)

最後はちゃんと曲の楽譜になっていて。
初めから従ってやれば
色々な技術を学べそう。

意外にクソ真面目な私なので
このように指令されると単純に従う。
毎日1ページは進めていこうと思う。

あ、楽譜ばかりじゃなくて
指の形とかも写真でちゃんと説明されてます。
ひとまずこれで頑張ります!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

ハープ独学用の参考動画(英語)


ハープの弾き方を
懇切丁寧に説明してくれている動画を発見!

構え方から指の使い方から
色々と教えてくれているっぽい。

ただし・・・・英語!

せめて下に英文が表示されていれば
どうにか解読できるかもしれないけど
私リスニングはからっきしよ。

ジェスチャーで学ぶしかない…。

常に正しい弾き方だけをやってくれればいいけど
「こうやっちゃだめだよ~」
っぽい動き(と思われる)に惑わされる私である。

ちなみに
総まとめのような最後の動画を貼ったけど
イントロからたくさん公開されていました。

これからゆっくり拝見していきたいと思います!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

アイリッシュハープの魅力

私のチェルシーハープ。
ブログになんだか
文句っぽいことばかり書いてる気がしたので
今日は素晴らしさを語りたい!

チェルシーに限らずハープ(アイリッシュハープ、レバーハープ)の魅力になりますが。

とにかく、毎日、飽きもせず、時間が許す限り弾いていたい、そんな楽器です。

ライアーも毎日弾いてたけど
あれの時は『弾けるようになるために欠かさず練習するぞ!』という気合いもあった。

対してハープは
『弾きたい』感じ。
ほんとは練習しなきゃならないのだけど、練習じゃなくて『ただ弾きたい』感じ。

楽譜がほしい。
きっときれいな正しい音じゃなく、すごく間違っちゃうけど、楽譜があればとりあえず、なんでも弾ける(超ゆっくりなら)。

それくらい優しい楽器なのだ。

しかも、初心者の下手な弾き方の音なのに
それでも癒されるいい音で。
上手になったらどこまで癒されちゃうのかしらっ!って感じなのですよ。

もちろん人によっては
ライアーの音のほうが好きでしょうし
そもそも他の楽器の音色が好きな人には
ハープが一番ってことはないけど。
私はやっぱりハープだったと思う。

占いで
『どうせ、いつか買うんだから今買え』
とお告げされただけのことはある。

それから
レバー付きと限定したのも大正解だった。

小さなハープでもライアーでも
調弦しちゃえば半音もでるので
弾きたい曲が限られてればレバー無しもアリだと思っていたが、違う。
私の場合は、違う。

レバーがあるから、なんでも弾けるのだ。

次々思い付くままに曲を奏でられる
その快感たるや!

今までの『あ、この音は♯だから飛ばそう』『♭だけどまぁいいか(と半音ずれた音を弾く)』…と我慢して音痴に奏でられてきた曲たちが、ビシーッ!と正しい音で奏でられる。
その一音、一音に癒されるのだ。

あ、私はまだ全然弾けないので、ただポロンポロン主旋律弾いてるだけですよ。

それで楽しいのです。

夢中で遊びで弾いてて
肩が痛くなったり指が痛くなったりしてます。膝に乗せてたら膝も痛くなる。

ほんとにチェルシーの足は
なぜにこういう構造なのか分からん。

木でできてる上に
その足が爪先立ちしてる感じで
当たる部分が尖ってるというか。
置いても不安定だし。
IMAG3479.jpg
↑見よ!この不安定さ!
三点のみで支えている。
変じゃない?この足。

いかん、また文句みたいな流れに。

いやいや、大事だからこそ
心配なのですよ。
グラグラ倒れて壊れたら大変だし!

とにかく私は
チェルシーハープを
めちゃくちゃ気に入っております♪♪
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

ハープレバーを取り寄せる?

折れたハープレバーの修理。

まだボンドが届いてないが
直せなかった場合に備え(直せても将来的に必要になるであろう)レバーを探してみた。

ちょいと引っ張ると音が上がる…
という構造は単純だけど
ハープによってレバーの大きさや形が異なるので
全く同じものでなければ音が狂う。
他のレバーでは代替品にはならない。

と気がついたので
どう考えても『ミッドイースト社のハープのレバー』が必要なのだ。
同じ金型から作られた専用の部品だ。

同じ会社でもそれぞれのハープによってレバーを変えている可能性すらある。
そのモデルが生産中止になったらもう直せないかもしれない。

それなのに二本も折れてるなんてっ!
錆びてるなんてっ!

まぁとにかくホームセンターでは売ってないのだ。
それどころかたぶん楽器屋にもないだろう。
取り寄せるしかなさそうだ。

というわけでネットの海で探してみたら、同じものが見つかりはした。
Screenshot_20190812-071652.png 
こちらミッドイーストのホームページだ。
最近は勝手に日本語に訳されてたりするので余計分かりにくかったりするが
とにかく本来は英語のページである。

値段が書いてないが、売ってる雰囲気はある。

私は特に英語が得意なわけでもないが
翻訳アプリがあるのでとりあえず質問してみたわ。

私のハープ(型番)に合うレバーは、これ(型番)ですか。
一本いくらですか。
買えますか。
送料込みでおいくらですか。

というような内容の、怪しげな英文メールを送信!

これとは別にチェルシーハープを販売してるグレースハープにも、ほぼ同じ質問を(もちろん日本語で)メール!

さて返事を待とう。
結果は後日報告いたします!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする