2019年07月21日

ライアーの種類により弾き方は違うのか

ライアーの情報って少ない。
撫でるようにとはいうが、具体的にどんな感じで…?
と思っても
動画で弾いてる人の手元を見るくらいしか
今のところ知る手段がない。

まぁ誰に聞かれるでもないので
勝手にひいてもいいのだが
せっかくならいい音が聞きたいし
より良い練習方法とか、あるなら知りたい。

まぁ、もっとマイナーな楽器もあろう。
動画があるだけ御の字ですが…。

さて、ネットで見たところ
ライアーには
半音のある30弦くらいの大きな物、
7弦くらいしかない小さめの物、
床に置いて弾くウネウネした木彫り細工みたいな物とあるようだ。

いわゆるライアー、子供用ライアー、スピリチュアルなヒーリングライアー、って感じで勝手に分類してみる。

床に置くと弾き方はおのずと変わるし、音楽を奏でるというより波動を出してる雰囲気なので、とりあえず三つ目は私のとは別であると除外する。

で、大きなライアーと、子供用ライアーは、弾き方は一緒なのか?

子供用ライアーは、穴がないものもある。
そうなると裏側からは弾けないので、右手だけで奏でることになる。
この時点で、かなり違う気がする。

さらに弦数の少なさゆえにペンタトニック音階に合わせ、何かの曲というより即興で音を楽しむことが多い。
こうなると、むしろヒーリングライアーに近いイメージになってくる。

さて、私の16弦ライアーは、どちらに近いのか?
これである。問題はこれである。

つまり、もし私のライアーが子供用ライアーと一緒ならば、そもそも左手で弾くのに適しているのだろうか?と疑問を抱いたのだ。

穴はある。
バッチリ空いている。
しかし、上下1~2弦は、裏からは少し弾きにくいのだ。
真ん中は余裕で弾けるので
曲によっては何も問題ないのだが
曲によっては問題なのだ。

弦数だけでなく、この点でも多少、弾く曲を選ぶライアーなのである。


ライヤーは元々、
癒しや治療のために生まれた楽器らしい。
ゆえに、色々と検索してはみるものの、
弾き方といってもスピリチュアル寄りな情報がなんだか多い気がする。

なんとなく『誰でも音がなればいいよ!楽しもう、カモン!』というより、弾き方に厳しくハードルが高い感じだ。

『その音は違う。それではライアーではない。』みたいな。
さらに『ライアーは生きています』とかも出てくる。

楽器として大事にするのは当然だが、ピアノやバイオリンやらと比べて、特に生物的だとは感じていない私である。

まぁ抱えた感じは少しまるっこいので、持つというより抱っこしてる雰囲気はあるかなぁ。
でもハープの方が体に立て掛けるので一体感はありそうだなぁ。

愛情もって弾くことが、良い音につながるのだろうか。
それはやはりどの楽器でも一緒な気がするけども。

小さいハープがほしい=ライアー
ではないということを、スピリチュアルの観点からも感じた。

ただ弦をはじいて弾くだけでも難しいのに、くじける要素がゴロゴロしているので、私はとりあえずゆるゆるとやっていきたいと思っております。

うまく演奏できない、ぐちでした。


posted by aya at 13:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

オークションの不思議

駄文です。
ライアー入手後もオークションを拝見して日々楽しんでおります。

それにつけても不思議なのは
全く同じ品なのに、値段に激しく差があること。
『高くても、今、ほしい!』という価値観はあるとは思うけど
15分差で、2倍、3倍の価格差を見てしまい(しかも後の方が安かった)
ほんとにもう、なんなのー!
とハラハラ見守ってます。

なんでみんな、調べないのー!!
どんだけ調べないのー!?
検索しまくりの私には、びっくり。
あなたが競り負けたそのライアー、いま半額以下で売ってるよー!こっちを買いなよー!

前に触れた、高くなる傾向のある業者Sのハープは、いまも高く売れている。
先日は無名メーカー28弦が30万くらい。
購入者のレビューを読めば、ホント悪どいなぁとすぐに分かるのに、売れてるんだよね。
不思議なんだよねぇ。

お金が有り余ってる方々が、競りを楽しんでいるなら問題ないけども。
おそらくそんな人ほとんどいないでしょ?

私がお世話になった業者はアピールが下手なのか、いつも安く落札されてて、やきもきしてます。
もっと高く売れる品物よぉー!
がんばってー!
posted by aya at 00:05| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする