2019年07月12日

ハープの弦数と弾ける曲 12弦

ハープの弦、何弦あれば何が弾けるのか。

YouTubeではベイビーハープで色々な曲を弾いている動画が公開されているので、レバーのない12弦でも侮るなかれ。
ちゃんと伴奏までついていたりして、聞き応えがある演奏なのだ!

というわけで、簡単なYouTube調査を行ってみた。

PicsArt_07-10-09.24.06.png
★12弦(レバーなし)で演奏できる曲

アメイジンググレイス
シチリアーナ
美女と野獣
虹の彼方に
アンダーザシー
パッヘルベルのカノン
ホールニューワールド
サリーガーデン
オーラリー

…いかん、拾っていこうと思ったら全然キリがなかった。

歌謡曲やら聖歌やらジブリすら、何でも出てくる。
おかしいな。
弾けるはずない曲もあるはずだが違和感がない。

よくよく聞いてみると、以下のテクニックを使っていると分かった。

①曲に合わせて調弦することで、♯や♭の半音を出している。

②半音や足りない(高すぎ、低すぎ)音をうまくごまかして弾いてない。

③部分的に1オクターブ上げる、または下げる。

他にも高等テクニックが使われているのかもしれないが私が聞き取れた範囲ではこの3つだ。

①は一番簡単だ。私のクロックハープもこのパターン。難点は、曲ごとに調弦するのが面倒なところ。
でも一曲マスターするのに数日、数ヶ月、…下手したら数年?かかったりする場合、実は全く問題ないと言えよう。

②は本当に上手いテクニック。伴奏や装飾音などでごまかされ、弾いてないとはなかなか気が付かない。難点は、弾かない音がたくさんあると、さすがにバレるところ。
選曲も大事なポイントであろう。

③は足りない高さのパート丸ごと、弾ける高さで弾いてしまうのだ。うまく弾いているため見た動画では違和感がない…とはいえ、サビなどの高い音の旋律で胸がキューっとなる(大好き)ことが多い私には、これは残念なアレンジかもしれない。

というわけで弾きたい曲の半音が多くなければ大抵の曲がひけそうだが、少なくとも主旋律が入りきる幅の弦数があることが望ましい。

つまり主旋律が12音の幅に収まる曲ばかり好きならば、ベイビーハープでオッケーかもしれない。

音質としてベイビーハープは、オルゴールみたいな、素朴で、繊細で、きれいな軽い音がする。もっと音に深みがほしい時には少し物足りないと感じるかもしれない。
posted by aya at 06:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする