2019年07月21日

ライアーの種類により弾き方は違うのか

ライアーの情報って少ない。
撫でるようにとはいうが、具体的にどんな感じで…?
と思っても
動画で弾いてる人の手元を見るくらいしか
今のところ知る手段がない。

まぁ誰に聞かれるでもないので
勝手にひいてもいいのだが
せっかくならいい音が聞きたいし
より良い練習方法とか、あるなら知りたい。

まぁ、もっとマイナーな楽器もあろう。
動画があるだけ御の字ですが…。

さて、ネットで見たところ
ライアーには
半音のある30弦くらいの大きな物、
7弦くらいしかない小さめの物、
床に置いて弾くウネウネした木彫り細工みたいな物とあるようだ。

いわゆるライアー、子供用ライアー、スピリチュアルなヒーリングライアー、って感じで勝手に分類してみる。

床に置くと弾き方はおのずと変わるし、音楽を奏でるというより波動を出してる雰囲気なので、とりあえず三つ目は私のとは別であると除外する。

で、大きなライアーと、子供用ライアーは、弾き方は一緒なのか?

子供用ライアーは、穴がないものもある。
そうなると裏側からは弾けないので、右手だけで奏でることになる。
この時点で、かなり違う気がする。

さらに弦数の少なさゆえにペンタトニック音階に合わせ、何かの曲というより即興で音を楽しむことが多い。
こうなると、むしろヒーリングライアーに近いイメージになってくる。

さて、私の16弦ライアーは、どちらに近いのか?
これである。問題はこれである。

つまり、もし私のライアーが子供用ライアーと一緒ならば、そもそも左手で弾くのに適しているのだろうか?と疑問を抱いたのだ。

穴はある。
バッチリ空いている。
しかし、上下1~2弦は、裏からは少し弾きにくいのだ。
真ん中は余裕で弾けるので
曲によっては何も問題ないのだが
曲によっては問題なのだ。

弦数だけでなく、この点でも多少、弾く曲を選ぶライアーなのである。


ライヤーは元々、
癒しや治療のために生まれた楽器らしい。
ゆえに、色々と検索してはみるものの、
弾き方といってもスピリチュアル寄りな情報がなんだか多い気がする。

なんとなく『誰でも音がなればいいよ!楽しもう、カモン!』というより、弾き方に厳しくハードルが高い感じだ。

『その音は違う。それではライアーではない。』みたいな。
さらに『ライアーは生きています』とかも出てくる。

楽器として大事にするのは当然だが、ピアノやバイオリンやらと比べて、特に生物的だとは感じていない私である。

まぁ抱えた感じは少しまるっこいので、持つというより抱っこしてる雰囲気はあるかなぁ。
でもハープの方が体に立て掛けるので一体感はありそうだなぁ。

愛情もって弾くことが、良い音につながるのだろうか。
それはやはりどの楽器でも一緒な気がするけども。

小さいハープがほしい=ライアー
ではないということを、スピリチュアルの観点からも感じた。

ただ弦をはじいて弾くだけでも難しいのに、くじける要素がゴロゴロしているので、私はとりあえずゆるゆるとやっていきたいと思っております。

うまく演奏できない、ぐちでした。


posted by aya at 13:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

オークションの不思議

駄文です。
ライアー入手後もオークションを拝見して日々楽しんでおります。

それにつけても不思議なのは
全く同じ品なのに、値段に激しく差があること。
『高くても、今、ほしい!』という価値観はあるとは思うけど
15分差で、2倍、3倍の価格差を見てしまい(しかも後の方が安かった)
ほんとにもう、なんなのー!
とハラハラ見守ってます。

なんでみんな、調べないのー!!
どんだけ調べないのー!?
検索しまくりの私には、びっくり。
あなたが競り負けたそのライアー、いま半額以下で売ってるよー!こっちを買いなよー!

前に触れた、高くなる傾向のある業者Sのハープは、いまも高く売れている。
先日は無名メーカー28弦が30万くらい。
購入者のレビューを読めば、ホント悪どいなぁとすぐに分かるのに、売れてるんだよね。
不思議なんだよねぇ。

お金が有り余ってる方々が、競りを楽しんでいるなら問題ないけども。
おそらくそんな人ほとんどいないでしょ?

私がお世話になった業者はアピールが下手なのか、いつも安く落札されてて、やきもきしてます。
もっと高く売れる品物よぉー!
がんばってー!
posted by aya at 00:05| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

ライアー届きましたー!!

IMAG3272.jpg
待ちに待ったライアー届きました。
遅いよ~
明日から子供たち夏休みだよ~
練習今日しかできないじゃん~

とにかくオープン!
IMAG3277.jpg
デデン!
木目が美しーい!
色も大きさも想像通り!
思ったより少し分厚くて、立派!

かなり予定と違ったのは
チューニングレンチがついてたこと。
さらにしっかりしたカバン、替え弦、取説?、ウエスまで。嬉しい誤算です。

おそらく出品者さんは輸入して売るだけで
段ボールを開けてないのだな。
全然いいけど損してると思うなぁ~。
正直に言った方が値が上がるんじゃないかしら。

IMAG3275.jpg
チューニングレンチついてたけど
これ、結局ソケットレンチだよ。
六角形。
どうやらハープピンではないようだ。
良かったよぉ、高いハープ用のレンチ買わないで…。
しかし穴が合わないなぁと思いきや…

IMAG3276.jpg
裏だ!
コイツ、裏からチューニングすんだな!
斬新!!
これならチューニングレンチなくしても、心置きなくソケットレンチで調弦できるなぁ。

そして音はめっちゃめちゃに狂ってたので
一時間以上かけてチューニングしました。
裏を回して表を弾く…やりにくいことこの上ない。

なかなか合わない、合っても狂う、を繰り返して合わせていく。
この辺は私のハープで慣れたものさ。
本物もこんなもんなんだな。
ここでくじける人いるかもな。

下半分がコイル、上半分がスチール弦。
私のと高音は似てるけど、低音の響きは全然敵わない。

そうそう、疑問に思っていた音階(音域)は、やはり幅があるなかで自分で好きなように調弦できますよ、という事でしたね。
だから私は前回決めておいた音階で調弦しました。
先に決めておかないと、悩みすぎて、ここでも挫ける。

さー満を持して、弾いてみた!

練習してから動画アップしますが…
ビーン、ボロン、キーン、みたいな音。
美しい音だけど、なんだろ、エレキっぽい。電気的なイメージというか。
宇宙戦争やってるレーザービームの音のようだ。
癒し系いい音が出る時もあるので、こりゃー弾き方だろうなー。

あと、反響がすごい。響きすぎる。
響かせることに必死だった私のクロックハープと真逆の悩みだ。
例えるなら、ピアノペダル踏みっぱなしで演奏してる感じ。音が混ざる。

これはたしかに…ゆったり弾かないとやかましい。撫でるように弾くわけがわかったぞ。

戦場のメリークリスマス、速いから合わないかもなぁ~
しかも音域間違ってた、上はラじゃなくてシだったー。
痛恨のミス!
チューニングしなおすの面倒すぎる!
他の曲にしようかなぁ~

指が痛くなってきたので今日はこの辺で。
音は今のところ狂ってない。
明日はどうかな。
安定してれば最高。

はやく曲を、弾く曲を決めねば。

↓後日
全く同じライアーをアマゾンで発見してしまったぁ!(さらに安い)
posted by aya at 06:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

ライアーの弾き方

ハープと良く似たライアーだが
弾き方ははじかず、撫でるように弾く。

演奏の見た目は
『え、弾いてんの?もしやエアー?』
みたいな。
グラスハープのように、触れずにかざして音を出す楽器もあるけど、まるでそっち系のような。
しかし実際、もちろんちゃんと弾いている。

難しそうだ。

指が、ハープは横向き、ライアーは上向き。まるで祈るようなスタイル。
それがまたエアー感を醸し出している。

PicsArt_07-18-08.45.30.png
(↑今さらGEOで借りて一気読みしたら面白かったハガレンの錬成スタイルを思いだしました)
優雅な雰囲気だけども。

もちろんはじいたって音は出る。
のクロックハープはハープ風にはじいて弾いている。
『金属弦だからはじいてはいけない』ということはないのだ。オートハープ、チター、カンテレ…金属弦でもピックを使ったり弓を使ったり、演奏方法はさまざまだ。

撫でるのはライアーだけかもしれない。
歴史の問題?指が痛むから?
いやいや、やっぱり響きかしら?

はじくより、撫でる方が、優しい音になる気はする。
大きな音を出したかったらはじく、という使い方をしても良いかしら…。

次なる問題は、指使いというか腕使い。
ライアーは『主旋律は右、伴奏は左』という基本が通用しない。
主旋律も伴奏も織り交ぜ、仲良く半分こしてる感じ。

えらく弾きにくい。

そこはカリンバもそうだが、弦の並び的にカリンバは仕方ないが、ライアーはどうしてそうなった。
半音(黒鍵部分)が左手担当ということなら、私の買ったような一列に並んだライヤーの場合は気にしなくて良いのだろうか。

とりあえずライアー奏法を無視して弾けないものか、やってみたいと思っている。
つまり主旋律はあくまで右手で、伴奏を左に任す。
ライアー教室に通う予定が全くない(近くにない)からこそのオリジナル奏法(というかピアノ式)で始めてみよう。

とにかくやってみるべし。
posted by aya at 06:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

ライアーの音階について(疑問編)

さて、ハープ(ライアーだけど)が来たら
まず最初に
戦場のメリークリスマス
 Merry Christmas Mr.Lawrence
を弾いてみようと前回ほぼ決めたので
届くのを待つ間に準備をしよう。

購入したライアーの音域は
商品情報からすると
下がミ(ホ3)から上がド(ハ6)らしい。

ハニホヘトとかは和式表記、CDEFGとかは国際表記(コンピュータでおなじみ)の、ドレミファソラシドだ。

昔習ったかもしれないが、忘れたから分かりにくいので、私はドレミ表記でいこうとおもうよ。

3とか6は高さだろうから

3の高さの、ミファソラシ
4の高さの、ドレミファソラシ
5の高さの、ドレミファ
で16弦。

んん??6までいかないけど??
しかもファで終わったけど?
飛ぶの?まさか飛ぶのか?

んーまてまて、もしかして
例の…ペンタトニック音階とかか!?

だとすれば五音階だから…
んでドとミがあるんだから
よくある
ファとシを抜いたペンタトニックで。

3 ミソラ
ドレミソラ
ドレミソラ
6 ドレミ

うん、6まで行った。
けどミで終わったけどー!?
今度は2音多い。

変だ…、うん、変だ。
ただ情報が間違ってだけかもしれぬ。

どちらにせよ調弦すれば
変えられるんだし…
あ、これ、
もしかして最大の音域を表示してるだけなのかも?

つまり
3の高さの、ミファソラシ
4の高さの、ドレミファソラシ
5の高さの、ドレミファソラシ
6の高さの、ド
までが出るわけで
この中から16個選んで自分で音階決める。
という説はどうだ!

まぁ来たら弾いてみて確認すればいいんだけども。

これでいくと
ド~ラで13音の戦場のメリークリスマスを弾くためには…

3の高さの、ソラシ
4の高さの、ドレミファソラシ
5の高さの、ドレミファソラ

で調弦すればいいかな…
(一応、伴奏用に下に余裕を持たせて)
ほんとか…?
※後日、戦場のメリークリスマスは上がシまであることが分かり、これではダメだと気付きました。

ライアーさん、早くおいで~。
posted by aya at 00:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする