2020年11月30日

素敵ハープはまだまだある。

見たことないハープが
ヤフオクに出ているので
ちょっと気になりました。

Screenshot_20201117-213520~2.png

超かっこ良いじゃないですか。

メーカーは
BlevinsHarps
(ブレビンスハープ)

調べてみるとアメリカのメーカーでした。
歴史が浅いため
有名ではないようですが
見た目も音色もこだわっているようです。

型番は
Bouree 26-Cherry
26弦で音域がフィーナと一緒。
親近感。

幅×高さ×奥行
55×119×24cm

フィーナの足をつけた時が
56.5×128×40
足を外した時が
56.5×100×24(台座入れると27.5)
なので・・・

PicsArt_08-01-10.02.25.jpg

幅などは足を外したフィーナくらい?
なのかしら、足つきで。
コンパクトですね。

ハープシクルハープとか
クリスティーナとか
コンパクトだなぁというハープは
音が良くても
私は見た目があんまり
好きじゃないのですが
(なんというか、現代的で)
このハープは見た目がかっこ良くて
なんだか好きですね。

音色はあんまりヒットしないので
比べるのが難しいですが
よさげに思えました。

難点を上げるとすれば
マイナーな会社の外国のハープなので
メンテナンスが難しい事でしょう。
弦はどうやって入手するのかなー。

Screenshot_20201117-213604~2.png
同時に
カマックのバルディック27も出てます。

私のほしいものより大きいからか
全く候補になっていませんでしたが
今思えば26弦も27弦も同じですよね!?

あらやだわ、
なんで候補にならなかったんかしら。

当然ながらカマックレバーですしね。
サルヴィの音は固いから好みではない、と決断したけど
カマックはいい音(好きな音)と結論が出てるので
うーん。
バルディックの何が悪いというより
忘れていた、という感じですね。

高さ:92センチと書いてある。
Oh!
フィーナより小さいのですね。

弦数増えて、小さくなって
おまけに音もいい。
さらにレバーもいい。
完璧じゃないですか。

難点をあげるとすれば
あんまり見た目が可愛くない。
(私の好みだけです)
くらいかな~。

そしてバルディックはもう生産終了したらしいので
これはお値打ち品ですね。
付属品いろいろついて、お品もきれいで新しい。
どこまで上がるか見ものです。
上がってくれ。
私が欲しくならない値段まで駆け上がれ~!

↑ぽちっと押してから…。

そんなこんなでヤフオク由来で
久々じっくりハープ調査しちゃいました。
うかつに調査すると
欲しくなりますね。
危ない、危ない。

そして後日談ですが…。
どちらも安く落札されてました。
く、くやしいっ!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

ひたすら悲しい、カッチーニのアベマリア

カッチーニ作曲のアベ・マリアです。
どこかで聞いたことがあるような…。
ないような…。
アベマリアと聞いて最初に浮かぶ歌
(あーーーべまりーーぃいぃあーー♪)
ではないと思います。


この曲はひたすら悲しい雰囲気で
私にはレクイエムのように聞こえます。

明るい音は最後の一音だけなのですが
そこだけパァーッと光が射すような音で
救いが見えて終わる感じ。
Screenshot_20201127-201050~2.png
ライアーで演奏されてるのを聞いて
(第一回癒しの森の音楽会にて、花音さんが)
きれいな曲だなぁと楽譜を買ったのですが
自分で弾いたら
「…暗い」
とあまり気が乗らず
そのまま楽譜をしまいこんでいました。

また日の目を見たのは
「ドラクエの鎮魂歌だよ」
とか言われたら信じちゃう感じかも?
なーんて考えたら
弾きたくなったからです。
ドラクエの鎮魂歌が好きなのです。
Screenshot_20201120-232101~2.png
実際いつ流れるか知らないが
教会のイメージ。
実は私、ドラクエ未プレイ。

さて、そんなきっかけではありますが
ようやくモチベーションが湧いて
ウキウキと練習を始めますと
次の障害にぶつかりました。

この曲は前奏っぽい部分が
(毛利さん編曲の楽譜ですが、原曲にもある部分です)
ちょっとメロドラマっぽいというか
演歌っぽいというか
馴染みある雰囲気なのが
「ちょっとなぁ」と思いつつ練習してたら
娘に
「銀魂で流れそう」
と言われまして。

銀魂はジャンプアニメの、
まぁギャグ時代劇みたいなやつです。
たしかに、コテコテの悲しみシーンの
演出に使われそうな感じです。


それを聞いてから
前奏部分を弾くと

女「あんさん!行ってしまうんね…」
番傘被った侍「世話になった…」
と、小雨降るなか江戸の町で別れる男女…
(※銀魂にこんなシーンはありません)
Screenshot_20201127-205006~3.png
みたいな時代劇が頭のなかで展開して
もう、全然アベマリアじゃなくなってしまいました。

うぉおぉ。

イメージって大事じゃないですか。
どうしてくれる。

教会で流れる厳かで美しい曲のはずなのに…。
江戸…。

このイメージはなぜか強くて
最後まで払拭できませんでした。

なので前奏部分はとりあえず
ドラマチックに弾くことだけに集中し。
主のメロディーからは
教会に来て仲間の死を悼む
ドラクエのパーティーを想像して弾きました。

すると後半あたりは
死んだ仲間が元気だったころの
楽しかった在りし日を思い出す
(鳥山明の絵で)
という謎の記憶が構成され
「おまえたちは誰だ」
と思う素の私を必死に押さえ込む…
なんて戦いが脳内で繰り広げられています。

Screenshot_20201127-202004~2.png


理想に反して
どうも心がガチャガチャしてしまう曲でしたが、ドラマチックに美しく弾くように
かんばりました。


カッチーニに申し訳ない。
マリア様お許し下さい・・・。

posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

16弦ライアーで「ゴンドアの思い出」

こないだフィーナ(FH26)で弾いた
ラピュタより「ゴンドアの思い出」を
ライアーでも弾いてみました。


右手はほぼハープのままで
左手だけ音を減らしました。
ガッツリ。
でも和音ばかりなので
そんなにイメージ変わらないかも?

IMAG5809~2.jpg
IMAG5810~2.jpg
IMAG5811~2.jpg
↑楽譜こんなかんじ。簡単。

元々がピアノ譜、
バッテンつけて書き込みのハープ譜、
さらに下に鉛筆でメモ書きしてある音が
ライアーです…。
どんどん雑になりつつ使い回す…。

楽譜が簡単なので今回は
必殺(!?)
「ライアー弾き(風)」にチャレンジしてみましたよ。
やはり、はじくよりは
微妙に優しい音がするような~?
私のレベルじゃ変わらないかなぁ~。

でも撫でる弾き方って
なんだか素敵です。
またチャレンジしたいなぁ~と思いました。


私のはアマゾンで買いました。
posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

レスピーギのシチリアーナ

イタリアのシチリア島に伝わる
古い舞踏曲「シチリアーナ」
レスピーギ作曲です。


シチリアーナという曲は
他にもいくつか有名なものがあり
私からすると、このレスピーギのものが
ダントツ知っている曲なのですが
人によるかもしれません。
私の場合
友達が「あやが好きそう」と
私に誕生日か何かでCDをくれた曲なので
昔から馴染みがありました。 
物悲しいメロディで、すごく好きです。
友達グッジョブです。

そういえば各種手作りハープでも
何度も弾きました。

前回ご案内した癒しの森の音楽会に
この曲で参加したのですが
もうひとかたシチリアーナを弾いた方がいて
「ヤバイかぶった!」
と思ったら別のシチリアーナでした。
よかった。

別にかぶっちゃだめなわけじゃないけど
ライアーで弾いた上手い方と
ハープで弾いた下手な方、みたいな事にならなくて私はホッとしましたよ…。
(あちらの動画は期間限定で、もう公開されてません)

もうひとつのフォーレ作曲のシチリアーナも
悲しいんですよね。
イタリアだし南の方だし
太陽いっぱいのシチリア島、というイメージなのですが、曲は悲しい。
なぜだろう。
歴史を調べてみたら何か分かるかしらー。

楽譜はムジカオンラインで購入した
毛利さん編曲の★3つレベル。
オリジナル部分は特にない気がします。

繰り返すメロディが素敵なので
私的には飽きることなく聞いていられますが
なにせ長めなので
曲の注釈を字幕で入れてみました。

長いせいか、なぜか一回弾くと
ドッと疲れるんですよね。
一回ごとに休憩してしまう。
たまにそのままこんこんと眠ってしまう。
練習していたのが夏だったので、夏バテでしょうか。
フィーナ買ったばかりで、力の入れ方に無駄があったのでしょうか(今もありそうだけど…)。
そんな思い出の曲です。

PicsArt_10-12-01.08.36.png
最初の画像は同じイタリアではありますが
トスカーナかどこかの風景です。
シチリアで検索すると
明るい海辺が出てきてしまってボツ!
posted by aya at 12:00| Comment(0) | 楽器について | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

煉獄さんのハープ

Screenshot_20201110-212333~2.png
先日、
「ヤフオク!で今ハープがたくさん出てますよー」という記事を書いた
後日談なんですけども。

イブやクリスティーナは
予想通りとっとと高く売れて
ダスティのアレグロもすぐに売れ
私の予測的に外れたのが
上の画像のエイレです。

まだ売れ残ってるんですよね~。
意外~。

10万位で売っていたので
すぐかなと思っていたのに
値下げされて8万位でまだいます。

世界的ハープメーカーのサルヴィ。
販売終了された小型23弦。
もう手に入らないのに売れないなんて。

色、ですかね。

やっぱりこの色が人を選ぶんですかね。

燃えるような赤。
さすがのイタリア製。

でも今「鬼滅の刃」が
流行ってるじゃないですか。すごく。
これで
「紅蓮華←テレビの主題歌」とか
「炎(ほむら)←映画の主題歌」とか弾いたら
とても似合いますよね。

ハープ弾けなくても
思わず買っちゃう鬼滅ファンがいそうですよ。
わたしなら「煉獄さんのハープ」と名付けて売りそうです。
権利問題でひっかかるだろうけど。

あ、知らない方のために、
煉獄さんは映画で活躍する炎のイメージの人です。(ざっくり説明)

いないんですかね~。
やはり、好む人の層が違うんですかね~。


しかし!イタリアの赤と言えばまだある。
PicsArt_11-10-09.51.03.png
イタリアの跳ね馬、フェラーリ。

この真紅のハープは
赤いフェラーリも連想させます。

フェラーリは何千万もするけど
このエイレは八万(送料別)ですよ。
安いわ。

いないんですかね~。
やはり、層が違うんですかね~。


などと、勝手に色々アピールポイントを考えてしまいました。
余計なお世話です。

じゃ、なんで私は買わないかというと
そりゃもうフィーナ(FH26)買っちゃったからですけど。

うーん、買ってなかったら
落札してしまってたかも?
できれば普通の色がいいけど。
(ここまでアピールしておいて!?)

でも今フィーナに大満足してるってことは
私はダスティストリングスの音色が好きって事だから
のちのち不満が出てきて
買い替えを検討したかもしれません。

出てきた順番が逆で良かったです。

まぁ、さすがにそろそろ売れると思います。
さよなら、赤いエイレ…。
posted by aya at 12:00| Comment(2) | 楽器について | 更新情報をチェックする